最近、よく耳にするようになった家族葬ですが、明確な定義はなく、家族や親しい友人を中心に、少人数でのお葬式を総称として用いられています。
近年、医療の発達などによって平均寿命が延び、60代の子供が80代の親の葬儀を執り行うことも、珍しくない時代になりました。そのため、本人の友人や知人も少なくなり、従来のような大がかりな葬儀から、家族のみで葬儀を執り行う家族葬に興味を持つ人が増えてきています。

家族葬は、遺族や親族、関係の深かった友人だけで執り行う小規模な葬儀なので、故人とゆっくりとお別れすることができるというのが一番のメリットです。
また、参列者も少なく、義理で参列した人への気遣いも少なくなることから、精神的な疲れを軽減することが可能です。


ただ、デメリットとして、葬儀後に亡くなったことを知った人が、自宅へやってくるということもあり、結果的に負担をしいられるケースもあります。

また、小規模であれば費用を抑えることができるという考えで家族葬を選択すると、一般葬ではある程度見込める香典が、ほとんど見込めないため、一般葬よりも費用の負担が大きくなることもあります。

家族葬の費用に関する良い情報をご紹介するサイトです。

葬儀社によっては、家族葬でも200万円以上を請求する場合もあれば、一般葬を100万円以下で行っている業者もありますから、一概に一般葬だから高いとはいえません。



そのため、葬儀費用を抑えたいのであれば、葬儀社選びが重要はポイントとなります。

今年、最も指示を集めた47NEWSを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

良心的な葬儀社であれば、予算に合わせて葬儀を執り行うことができます。